電子財布(ウォレット)を作ろう! | ノアコイン販売代理店.com

BLOCKCHAIN(ブロックチェーン)

BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)とは?

お分かりだと思いますが、仮想通貨は目に見える形をした法定通貨ではありませんので、もちろん財布に入れることはできません。
仮想通貨を保管しておく財布であるウォレットにはPC上の財布である「デスクトップウォレット」ウェブ上の財布である「ウェブウォレット」スマートフォン上の財布である「モバイルウォレット」など 何種類か様々な形のウォレットがあります。

 一般的に普段使用するウォレットはデスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレットの3種類でしょう。その中でも、少額で持ち運びをするというのに便利なモバイルウォレットは欠かせないウォレットです。  それでは、次に、私も勧められて作成したウォレットBLOCKCHAIN.info(ブロックチェーン.インフォ)の登録の仕方を説明します。

BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)に自分のウォレット(財布)を登録しましょう。

 BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)は完全日本語対応のウォレットです。BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)のウォレットは日本語対応のウォレットの中でも最も人気のあるオンラインウォレットで、世界で最も利用者が多いことでも有名です。

1. まず、BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)のホーム画面にアクセスしてください。⇒BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)をクリック!⇒「Create Your Wallet」をクリック!


2.「メールアドレス」「パスワード」を入力して「続行」をクリック。
 大切な財産が保存されるウォレットです。今まで使ったことのあるパスワードなどは使用しないでください。
 大切に保管しましょう。


2.さきほど登録した「メールアドレス」に「ビットコイン財布にようこそ」の文面のメールが届いています。
「VerifyEmail」をクリックすることでメールの認証が行われの次に段階を得て認証されます。

 ① メールアドレスを認証中!


 ② メールアドレスの認証「成功!


 ③ これでwallet(電子財布)の作成は完了です。「始める」クリックして「wallet」に移動しましょう!

さあー、BLOCKCHAIN(ブロックチェーン)のホーム画面にアクセス!

 BLOCKCHAIN(ブロックチェーン)⇒BLOCKCHAIN(ブロックチェーン)ホーム

①⇒採掘されたBitcoinのデータ一覧ができます。
②⇒リアルタイムに現在Bircoinの取引の様子を表示しています。
③⇒自分のウォレットはこちらをクリック。


④⇒ログインしましょう!


自分のウォレット(電子財布)を表示させてみましょう。

③⇒自分のウォレットへここをクリック!

ウォレットへのログイン

① 登録メールにもログインのリンクが送られていますのでそれをクリックして安全にログインします。


② 登録メールに届いたログインリンクをクリック!


③ メールでのログインが認証


④ メールでのログインが認証されたのでウォレットを表示します。ここからはスマホでの画面を表示します。(スマホでの利用がほとんどだと思いますので、、) 右側が自分のウォレットです。現在の残高を「ビットコインの単位」と「円換算」で表示しています。
その下にはビットコインを 左-「送信(送るとき)」右-「受信(送ってもらうとき)」に使うボタンがあります。


ビットコインを実際に送受信してみましょう!

① 次は、「送信」「受信」ボタンを押したときの表示です。

「送信」・・・相手方のビットコインアドレスを入力して、送信する金額をBTC(ビットコイン単位)、JPY(日本円)のどちらかを入力、(私は日本円のほうが換算しなくていいので日本円で入力しています。)

※一方に入力すると換算された金額が他の一方に表示されるので間違うことはありません。
※私の初めのイメージでは宛先の一番右にQRコードのマークがあるのでそこをクリックしたらカメラが起動して勝手にビットコインアドレスを読みとってくれて表示されるのかと思ったのですが、MyiPhoneが悪いのかできません。

「受信」・・・①自分の「受信アドレス表示」を直接メールなどで送ってそれをコピペしてもらって「完了」をクリック。あるいは
②QRコードが表示されているのでこれを読み取ってもらってコピペで張り付けて送ってもらう。の2通りがある。
※ビットコイン取引所(bitFlyer、coincheckなど)で購入したビットコインを送るときにもこのコードを使います。
③「送信」「受信」の結果の「確認」しておきましょう。



サブコンテンツ

<<暗号通貨の基本知識でよく読まれている記事>>

暗号通貨(仮想通貨)とは?

 当サイトは近年、特に新聞紙上でも掲載されることの多い「暗号通貨(仮想通貨)」について、正しい情報をお届けするために立ち上げたサイトです。
仮想通貨は、投資目的で交換される方が多いがゆえに、そういった人たちをカモにする詐欺通貨が横行しているのも事実です。そんな詐欺仮想通貨をつかまされないためにも、仮想通貨についての正しい知識を身につけましょう。・・・・

仮想通貨はとても便利

 仮想通貨は、海外では法定通貨とほとんど変わらないぐらいに使われている。仮想通貨にはこんなにも便利なことがあるのに、日本ではまだまだ仮想通貨は普及していないのはなぜだろう。・・

仮想通貨の日本国内での現状と日本人の意識調査

 世界に目を向けてみると、仮想通貨(暗号通貨)は生活になくてはならない「貨幣」と同じように、いや、貨幣よりももっと便利な「決済手段」として使用されてきている。また、日本最大手の通販サイト「楽天」が昨年(H28)8月についにビットコイン決済を採用(米国)したことが報道されるなど仮想通貨が活発化しているようなのだが・・

信頼できる仮想通貨とできない仮想通貨

 仮想通貨は、投資案件として全世界がいま、注目していますが、世界中におよそ2000種類以上もあるといわれている仮想通貨、その中でも、本当に信頼できる仮想通貨は5%ほどだといわれています。 なぜ、他の95%は信頼できない仮想通貨なのか・・・・

このページの先頭へ